ブルドン管タイプの原理:圧力を加えると圧力計内部の管が円形に曲げられ、その動きで歯車を動かし、指針を動かして圧力を表示します。

 

ブルドン管タイプの特徴:レバーやギアを使用するため振動や衝撃に弱い。安価。取扱いが簡単。応答が早い。

 

ベローズタイプの原理:ベローズ状(蛇腹状)の風船に圧力を加え、変形する動きで歯車を動かし指針を動かして圧力を測定します。ベローズは圧力に反比例して縮みます。

 

ベローズタイプの特徴:圧力に対する感度が大きく、ブルドン管よりも大きい力を得ることができ、比較的低い圧力の測定に使用されます。