Before (改善前)

一般的には、全ての機器を電線で接続する配線が主流ですが、盤製作、検査、改造等に係るコストが非常にかかっていた。また、電線、端末等にも仕様の制限がかかることから選定にも時間がかかっていました。

V

After (改善後)

リタール等のブスバーシステムを導入することにより、取付、取り外しも簡単で、制御盤設計、製作、改造等に係るコストが大幅に削減できました。
また、配線が少ないことから、結線ミスが大幅に削減でき、検査に係るコストの大幅な削減及び、制御回路の品質向上が実現できました。

POINT(要約)

モジュール型のブレーカーを使用することで、省配線化でき、設計工数、製作工数が削減でき、
さらには盤の小型化が可能になります。