Before (改善前)

オプション等の種類も少なく、ブレーカー本体の型式によりオプションの型式も決定する為、汎用性がありませんでした。
また配線も一本一本丸端子等をネジ止めし配線していましたが、配線も設計段階での詳細な配置を検討するなど、設計工費がかかっていました。

V

After (改善後)

シーメンス等海外規格に準拠したブレーカーを使用する事で、型式ではなく遮断容量(フレームサイズ)毎のオプションが豊富で、配線もジャンパー等を利用することで省配線化でき、設計工費及び、製作工費が削減できました。

POINT(要約)

モジュール型のブレーカーを使用することで、省配線化でき、設計工数、製作工数が削減でき、
さらには盤の小型化が可能になります。