Before (改善前)

汎用タイプで、入手が容易、納期も短い為、一般的に使用していたが、海外向けに制御盤を作成する場合、海外規格に準拠していない為、現地での配線やり変え等が発生し、コスト増加につながる場合がありました。

V

After (改善後)

海外向けの制御盤を作成する場合は、客先指定が無い場合でも、海外規格に準拠したケーブルを使用し、配線する事で、
現地での配線やり変え等のコストがかからなくなりました。

POINT(要約)

海外向け制御盤を製作する際には、客先指定は無くても、海外規格に準拠したケーブルを選定する事で、現地での配線やり変え等のロスも未然に防ぐことができます。