Before (改善前)

リレーは盤内に必ず多くつかわれる部品の一つで、配線の大半がリレーに配線になります。
海外へ設置後、交換や改造の際、配線の手直し等が発生し、コストもかかります。
販売拠点数も海外メーカーに比べ少ないのが現状です。

V

After (改善後)

海外仕様のリレーは、クリップオン端子が主流の為、現地での交換、改造の際、手間がかかりません。
また、海外仕様のメーカーも多く、拠点も多いので、迅速なサービスが受けられます。

POINT(要約)

海外メーカーのリレーはクリップオン端子を採用しており、配線効率もよく、品数も豊富です。海外拠点も世界各国に存在し、迅速なサービスが受けられます。