Before (改善前)

設計時、電線サイズや電路を考慮し配置設計を行っており設計コストがかかっていました。
また、機器間を電線で接続する為、作業費、検査費等のコストもかかっていました。
さらに、配線ミス等のリスクもありました。

V

After (改善後)

海外規格に対応したシーメンス等のブレーカーを使用する事で、機器間の配線が不要となり、また、配線が無い事から配置設計も容易、配線自体が無いので接続ミスもないことから設計費、検査費等のコストも削減できました。

POINT(要約)

海外規格に対応した、配線集約型のブレーカーやコンタクタを使用することにより、
省配線化ができ、配線集約による制御盤小型化が可能になります。