Before (改善前)

海外規格の認定の無いトランスを使用していた為、電圧端子が海外使用電圧に対応しておらず、トランスの改造(メーカーによる)や、現地での交換作業等が発生し、コストアップにつながっていました。
また、新たに規格認定申請等に時間がかかっていました。

V

After (改善後)

海外向け制御盤設計の際、予め海外規格認定品を選定することで、電圧端子等も海外使用電圧に対応しており、改造や、現地での交換作業等が発生せず、追加費用が発生しなくなりました。
また、新たな規格認定申請の必要もなくなりました。

POINT(要約)

海外向け制御盤設計の際、海外規格認定品を選定することで、電圧端子、アースの問題等が解決でき、トラブルが未然に防ぐことができ、追加費用等が発生しなくなります。