Before (改善前)

SIL(セーフティ・インテグリティレベル)に対応したペンダントスイッチはプロコンタイプ、且つ有線の物がほとんどで、機能の制限、仕様距離や場所の制限があり、対応できない場合がありました。

V

After (改善後)

海外仕様に準拠したペンダントパネルは、タッチパネル画面を装備しており、これにより自由な作画が可能となり、スイッチ等の自由な配置が可能となりました。
また、無線化することにより、ケーブルが不要となり、場所の制限等が少なくなり、様々な場所で対応できるようになりました。

POINT(要約)

国内でも、タッチパネル画面を装備したペンダントスイッチは増えてきましたが、海外仕様に準拠したSIL対応の無線ペンダントスイッチを使用する事で、様々な場所での使用が可能となりました。