Before (改善前)

従来のアナログ信号(4-20mA)を中心としたシステム構成ではケーブルコスト、配線作業量が増加しました。

V

After (改善後)

PROFIBUSを使用すると従来の信号線布設に比べると、結線方法もコネクター方式になり、大幅に配線に係るコストが削減しました。
また、PROFIBUSの特徴でもある、高速通信(最大12Mbps)により大量のデータを高速に通信出来るようになりました。

POINT(要約)

それぞれの機器から複数の信号を取り出すことも可能で、測定データに限らず、メッセージ、アラーム、機器データ等も通信することが出来ます。