Before (改善前)

従来の工業用Ethernet 通信では、プロトコルの違いから工程間等の通信(情報の交換)が出来ない為、工場内の垂直統合が出来ませんでした。

V

After (改善後)

統合されたEthernetベースの通信を使うことで高速の入出力データ通信から機器のパラメータ監視・設定までの要求に対応できました。つまり、オートメーションのリアルタイム通信に使えると同時に、ITレベルから直接機器へアクセスすることが出来るようになりました。

POINT(要約)

PROFINET を使用する事で、Ethernet ベースの高速通信が可能となり、入出力データ通信から機器の監視・設定等の要求に対応できるようになりました。
また、Ethernet ベースの為、IT レベルからのアクセスも可能になりました。