Before (改善前)

これまでは、各機器をハードワイヤード(電線)で接続しており、電線数の増加、設計コスト、検査コストの増加につながっていました。

V

After (改善後)

CAN通信は車載機器用のオープンな通信プロトコルで、接続機器の種類も多く、結線も簡単で、設計コスト、検査コスト等が押さえられ、品質向上にもつながります。

POINT(要約)

ISO規格に対応したCAN通信を採用することで、車載機器の設計、製作の効率が上がり、コストダウンにつながりました。
また、省配線の為、品質の向上にもつながりました。